日々是雑文

中国歴史・水滸語り〜日々の徒然まで自分ペースで書散らし場。
「日本国を損なう某」にお引取り願う呟きも在ったりします。
コメントには大喜びで反応します。遅くなってもレスは付ける原則です。
スパム対策の為、コメントに一寸お手間お掛けしています<(_ _)>
管理人主観で「場違い」と感じたコメントは、サクッと削除で参ります。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 巨星往く
JUGEMテーマ:日記・一般
件の、邦人人質!?事件も驚いたが。
個人的に衝撃だったのは、↓の訃報。 

「阿片戦争」「秘本三国志」「小説十八史略」などの中国歴史小説で知られる直木賞作家で、日本芸術院会員の陳舜臣(ちん・しゅんしん)氏が21日午前5時
46分、老衰のため神戸市内の病院で死去した。90歳。神戸市出身。自宅は神戸市東灘区。通夜、葬儀・告別式は近親者で行う。後日、お別れ会を開く予定。
喪主は長男立人(リーレン)さん。
 1924年、台湾出身の貿易商の次男として、現在の神戸市中央区に生まれた。神戸市立第一神港商業学
校(現同市立神港高校)から、大阪外国語学校(現大阪大外国語学部)印度語科へ。卒業後、同校の西南アジア語研究所助手、英語教師を経て、57年ごろ家業
を手伝いながら小説を書き始めた。
 61年、推理小説「枯草の根」で江戸川乱歩賞を受けて文壇デビュー。その後歴史小説に転じ、67年に「阿片戦争」3部作を完成させた。69年「青玉獅子香炉」で直木賞、70年には本紙連載小説「孔雀の道」と「玉嶺よふたたび」で日本推理作家協会賞を受賞した。
 90年に日本国籍を取得。93年のNHK大河ドラマ「琉球の風」では原作を手掛けた。94年に脳出血で倒れ、療養中の95年、阪神・淡路大震災に遭った。しかし以後も「チンギス・ハーンの一族」「曹操」「中国美人伝」などを相次ぎ発表。口述筆記で晩年まで創作を続けた。
 
地元文壇の顔としても長く親しまれ、69年に兵庫県国際文化賞、74年に神戸市文化賞、84年に神戸新聞平和賞を受賞。ほかに91年に吉川英治文学賞、
95年に日本芸術院賞と井上靖文化賞など多数。98年には勲三等瑞宝章を受けた。2010年10月に始まった本紙連載「わが心の自叙伝」は11年6月に中
断し、再開は果たせなかった。
 昨年5月には、自筆原稿や蔵書を展示する「陳舜臣アジア文藝(ぶんげい)館」が神戸市中央区波止場町に開設され、プレオープンには陳さんも出席。「アジアの若者たちが国境を越え、文化を学ぶ場所になれば」と期待を寄せていた。

(神戸新聞) 2015年01月21日 13時56分 gooニュースより引用
中学生の頃、「三国志面白いよ」と級友より聞き、本屋で買ったのが秘本三国志。

それまで、ライトノベルやジュニア文庫読んでいたけど、秘本〜に逢ってから中国歴史系読物一直線になり。ふと、気がつけば水滸ヲタに、、、
中国モノといえば西遊記、あとは何だっけ??程度だった己が、どーんと惹き込まれた凄い本でした<秘本
漢字満載だけどスッキリと読み易い文体、イメージ広がる表情豊かな文……陳さんの筆力は本当に素晴らしいです。
陳さんの御本に出会わなければ、己が中国歴史好きになる事も無かっただろうし、水滸迷にも辿り着かずだなぁ。
今頃は、司馬さんと対談なさっているのか、、、?御冥福をお祈りします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:49 | category: 創作語り |
# 哀れ
JUGEMテーマ:日本の危機を救え
 16日放送の『井筒とマツコ 禁断のラジオ』に出演した映画監督の井筒和幸氏は、映画『永遠 の0』を鑑賞した感想として
「特攻を美談にしている」
と嫌悪感を露わにした。
 これを受けて同映画の原作者である百田尚樹氏が、自身のTwitterでこの 騒動についての記事を引用し
「なら、そのまま記憶をゼロにして、何も喋るなよ(^ー^)」
と反論した。
 井筒監督はラジオで、V6・岡田准一主演の太平洋戦争での零戦搭乗員の悲劇を描いた戦争映画である『永遠の0』について、ストーリーや登場人物が実在したという証言もなく、現実味がないのにただ特攻を美談化するような描写に納得できないといつもの怒り口調で批判。

 Livedoorニュース 2014年01月22日12時40分より引用
(己の、「永遠の0」への感想はココ
作中、宮部さんの「自分が生きて帰る為に全力を」スタンスは、イマイチ共感出来なかったものの。
人としてはアタリマエの感情だけど、当時の軍人としての矜持はどうなん?と。
これが、「生きて護り通してこその勝利」の信念の元、生きるに全力投球なら深く共感していただろう。

それはさておき。
この作品は戦争映画と言うよりも、平成っ子の謎解き・ルーツ探しと思う。
特攻を扱ってはいたものの。
命懸けで攻撃が必ず成る訳でなく、多くが辿り着けずに散ってしまう悲壮をキチンと描いている。
これの何処が特攻を美談化なんか、己には判らん;

そして。
>ストーリーや登場人物が実在したという証言もなく、現実味がないのに
この作品はドキュメント映画ではなく、1つのストーリーなんだけども?
映画たるもの、ノンフフィクションじゃないといけません!
なんて言ったら、殆どの映画作品が駄目ですな;
リアリティを求めるのは良い事だけど、実際の出来事以外は受付不能とは;
それを求めたら、どの創作作品も無意味になっちゃいますよ、井筒サン!
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:40 | category: 創作語り |
# princess of the breeze
JUGEMテーマ:日記・一般
すっかり(?)イマイチな定番になってしまっている、ルパンTVスペシャル
※以下、文句が並ぶので「そんな、ディスんないで;」と思う方は回れ右推奨。



今回も、、、と言うか。
今回程、何もかもが中途半端で終った作品は無いのでは?;
何れも何処かで見た様な演出、キャラは多いけどまるで活かされていない。
イチオウは通しで観ていたけど、ストーリーが何が何だか判らず。
赤子は単に「出演した」だけで、秘宝やら王家の秘密・重要な鍵になってもいない。
え?”鍵”呑んでた??あんな演出で「重要な鍵を握るキャラ」とは言わんだろ;
実は双子の王女!とは言え、そんだけで ストーリーを動かす程の設定でもなく。
ルパン一家も何の為に出て来たのか、、、見せ場も然程無かったし。
何よりも駄目だ;と思ったのは、あの絵!
綺麗な今時絵かもしれんが、ルパンのイメージとまるで合わない;
プリキュアイメージトッピングのルパンなんて、勘弁して下さい。
万一、映画館で観たなら「金返せ!」と叫ぶレベル……残念!





| comments(0) | trackbacks(0) | 23:56 | category: 創作語り |
# 勝手に推測してみる
JUGEMテーマ:日記・一般
進撃の巨人」アニメは一旦最終回と為りましたな。
原作は未読なので、何処までをアニメ化したのかはイマイチ判らんけど。
初めに出て来た巨人達が、
人類=餌
と見做して街を襲うのは判る。
でも、女型の巨人なんぞが兵団襲ったり、、、とかは
脳内が?マークで一杯。
女型に
「兵団を襲え、エレン捕獲」
の命令が出ているかも、までは判るとして。
「人類を捕食し続ける巨人」の側に就くメリットや理由が判らぬ。。。
女型を使役している側は、一体何を企んで居るのか?
もしかして、だけど。
”巨人”を使役しているのは、世界の統括組織かもしれん。
人類にとっての脅威・仮想敵組織を設定して、
殺戮or捕食から護れるのは、此方の組織だけ。
だから、此方の支配下に……と、こういう狙いかの??
人心を纏める為に共通の敵。。。
だとしたら、国を維持する為にどんだけ屍を築いているのやら;
いやはや、恐ろしい。
まぁ、ストーリー完結までは真偽の程は謎だけども。
きっちりと完成成る様に、と願うデス。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:10 | category: 創作語り |
# 世界は残酷だから
JUGEMテーマ:日記・一般
(タイトルは「進撃の巨人」風味で……)
創作ストーリーは、虚構・空想の産物であっても。
ある程度の真実味を感じさせるモノをトッピングしないと、作り物部分ばかりが目立ってしまう。
そうかと言って、現実を意識し過ぎて話を展開すれば、夢も希望も粉微塵。
でも。
実際問題、現実世界はままならない・理不尽で終るコトも多いから。
だから皆、理想の話を求めるんだろうなぁ。。。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:27 | category: 創作語り |
# アンチ・マンセー
JUGEMテーマ:日記・一般
放送開始直後は、TV釘付けで観ていたあまちゃん。
どんだけ無責任で軽薄でも、”ヒロインだから”でヨシ!
アキのやる事 為す事オールOKで、周囲から応援されまくりパターン連続で。
8時になったらTVを消すor「奥様は魔女」にチャンネル変える、が常に為った。
ちと古い話だが。
「北宋風雲伝」好きな北宋時代漫画ってコトで。
三侠五義を下敷きにした少女漫画。
途中までは楽しみにしつつ買っていたけど。
白玉堂の義兄達が、展昭相手にはゼンゼン歯が立たず完敗;
展昭圧勝、彼の周囲は引立て役多し、、、のパターンを観て脱落;;
世間では好評でも……。
「一人物だけが大活躍・何しても認められる、周りはその引立て役」
この仕立てが途轍もなく苦手なんだなぁ、、、と再認しましたデス。

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:07 | category: 創作語り |
# 手段の違い
JUGEMテーマ:日記・一般
  宮崎監督は2008年11月20日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演した。
(中略)
 その後の記者との質疑応答で、麻生首相がマンガ好きであることを大々的に公言していることについて、どう思うか、と聞かれると、
「恥ずかしいことだと思う。それはこっそりやればいいこと」
と答えた。
2008/11/21 20:07 J-castニュース より引用
何を以って「恥かしい」と言うのだろう?
漫画→低俗読物と、こう捉えているのかな??
ギャグを通り越した時代考証無視とか、デタラメにも程がある;
そう言いたくなる駄作は一杯あるけどさ。
小説やアニメ、映画でも、
これで商業作品なんて、ヒトを馬鹿にするのもいい加減にしろ!
そんな作品、ゴロゴロしてるよ?
漫画・アニメ→下らない 映画・小説→1つの文化
こんな見方こそ、見識狭くて恥かしい、、、ってモンじゃなかろうか?
漫画も描くヒトが「漫画好きと言うのは恥」と言っちゃうか。
己が仕事を否定するとは、残念!
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:41 | category: 創作語り |
# 純と愛 最終回
JUGEMテーマ:日記・一般 
未熟で何も判っていないヒロインが、どう成長するんだろう?
クチだけ偉そーで、、、周りへの配慮は0;こんな若気の至りもあったわい;
なんぞと、イタタ;な過去を思い返しつつ。
半年間観ていた朝ドラが、今日終った。
ここ1週間の雑な作り、上げて下げてのジェットコースター展開連続から、
こりゃぁ、一癖も二癖もありそうな最終回になりそ。
ハッピーエンドは望めないだろうなぁ、、、
と思っていたが。

※以下、文句や不満の連続なので、見たくない人は回れ右。




続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:21 | category: 創作語り |
# きゃくほんドラマ
JUGEMテーマ:日記・一般
脚本やストーリーの出来不出来は。
その話の世界観に於いて、
如何にして、作り話をホンモノらしく錯覚させるか?
現実では起こり得ない設定でも、スッと共感させるか??
これ↑に尽きると思うんだけど。
キャラクターが「人物」ではなく、マリオネットでは、、、ねぇ;
話を観て、キャラの気持ちや動機が在る様に見えず、
その脚本ではこうなっているので、その通りに演じただけ。
これじゃ、嘘臭さばかりが目立って、人物に共感し難いぞ。
(俳優や操り人形を馬鹿にしてるんじゃなく、脚本が雑だと駄目って意味ね)
、、、惹き込まれる作品、どっかに無いかなぁ。。。



| comments(0) | trackbacks(0) | 09:54 | category: 創作語り |
# そういうカラー
JUGEMテーマ:日記・一般
新聞の「番組紹介欄」で、必殺仕事人シリーズについて書かれてあった。
「人が死に過ぎるのが気になった」
で〆てあったが。
誰かが理不尽に殺される
 →恨み晴らして、と仕事人に依頼する
 →悪人が暗殺されて了
と、こういうお約束ストーリーが必殺シリーズなので、人死には避けられん。
昔話に例えると。
『かちかち山』で、お婆さんが惨い死に方をしたからこそ、兎の報復は納得行くし。
悪い狸が泥舟で沈んで行くのも、「悪事の報いw」でOKなんス。
そういう筋書きだから成り立つものを、「人死に多い」と評するのは、なぁ。。。
折角、番組紹介なんだから、作品のカラーに留意して文書いて欲しいな。


| comments(0) | trackbacks(0) | 22:15 | category: 創作語り |
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
counter
1click donation
gremz
★危機拡散Project 街宣!街宣!★
Others
Search this site
Sponsored Links