<< 健診〜 | main | 成行き静観中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
胃XP道程
JUGEMテーマ:日記・一般

昨日は、バリウム検査も受けてきましたが。
生き恥を晒してきました;(死)
看護ガクセー時代・病棟勤務時代ともバリウム検査に直に関った事はなく。教科書で検査手順をささっと学習したのみ。
実体験された方々から”バリウムは飲み難い”って事だけ聞いてましたが、己の敵はソコではなかった。
↑のリンクから検査手順を読むと、
1、顆粒の発泡剤を少量の水で飲用
とありまして、コレが最大の敵でした。
「コレが発泡剤だから、この水で飲んでね」
と渡された顆粒の発泡剤って、小匙山盛り1杯くらいあるではないですか。
水分に反応して爆発的発泡となるですが、唾液も例外ではなく。服用の為の水を飲む前に口中で激しい発泡……。
喩えれば、振った炭酸飲料を口に含んで零さず飲め って感じですか。
……飲めませんでした;
発泡反応の前にさっさと飲むのは解ってるのだが、人間の生理的反射ってそんなに抑えきれるモンじゃないよ〜;
んで、咽た挙句に吐いてしまいました;(死)<生き恥
顆粒を飲むのは一寸コツが要るし、舌に乗せた途端 発泡し始めるのを直ぐ飲むのは至難でありました;
バリウムが飲み難くて厭だ という話は聞きますが、己的には発泡剤は何とかならんのだろうか;と思います。
リトライで発泡剤は何とか飲めましたが……次回からオブラート使用じゃ駄目ですか?
バリウムより発泡剤が大変でした;という人は少数派、ひょっとしたら己だけかもしれんが、こういう事例もありますよ と生き恥書付。
白石晴海 | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Truck back URL of This Entry
http://hentikurin.jugem.jp/trackback/3208
Trackback