日々是雑文

中国歴史・水滸語り〜日々の徒然まで自分ペースで書散らし場。
「日本国を損なう某」にお引取り願う呟きも在ったりします。
コメントには大喜びで反応します。遅くなってもレスは付ける原則です。
スパム対策の為、コメントに一寸お手間お掛けしています<(_ _)>
管理人主観で「場違い」と感じたコメントは、サクッと削除で参ります。

   05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
<< 胃XP道程 | main | 治療中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
成行き静観中
JUGEMテーマ:日記・一般

「光市事件の死者は1.5人」 問題発言准教授を青学が処分へ
「光市事件の死者は1.5人」「元少年が殺されれば遺族は幸せ」などと青山学院大学国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授がブログで発言していた問題で、同大が特別委員会を急きょ設置し、瀬尾准教授を処分する方針であることがわかった。瀬尾准教授の発言をめぐっては、インターネット上で大きな批判を浴びており、同大に抗議が殺到。学長や准教授が謝罪する事態にまで発展していた。
■「特別委員会」を設置、連休明けにも何らかの措置
 瀬尾准教授のブログでの発言に抗議が殺到している問題を受けて、青山学院大学が2008年4月28日に「特別委員会」を設置したことが分かった。同大によれば、瀬尾准教授への処分も含め、この問題についての協議を行う。
 同大広報課はJ-CASTニュースに対し、同委員会の設置理由について「あらゆる場面を想定して話を進めている」と話しており、「(准教授への)処分についても話し合われると受け取っていただいて結構です」としている。瀬尾准教授には、連休中ということもあり自宅待機命令などは出されていないが、連休明けにも何らかの措置が取られる可能性が高い。
 騒動の発端は、瀬尾准教授のブログでの発言。瀬尾准教授は、2008年4月22日に被告の元少年を死刑とする差し戻し控訴審判決が出た光市事件について、
  「差し戻した最高裁の判事の妻は、おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう」
  「元少年が殺されれば、報復が果せた遺族はさっぱり幸せな思いに浸るに違いない。自分の血を吸った蚊をパチンとたたき殺したときみたいにね」
と述べた。さらに、光市事件で殺された母子のうち幼児を1人と数えず、「永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」と書き込んでいたため、ネット上で「被害者に対して失礼だ」といった批判が相次いだ。また、過去に書いたブログで大阪府知事や拉致被害者家族についても、
  「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」
  「(拉致被害者は)私の目から見ると信じられないくらい幸福です。なのにその幸福に感謝もしないで、いつまでもいつまでも『めぐみっちゃん』とか不幸面してられるアンタが心底うらやましいよ、とTVを見るたびに思います」
と綴っていたことから、インターネット上で騒動にまで発展。ブログでの発言などをまとめた「まとめサイト」も登場した。
■「釈明」も逆効果、騒動がさらに拡大
 青山学院大によれば、同大学長の意向を受けて、同大の副学長、学部長が2008年4月25日に瀬尾准教授を口頭で注意。同大ホームページに、伊藤定良学長名で、ブログでの発言が同大の理念や教育方針に照らして適切ではないとして、謝罪するコメントを同日に掲載した。
 一方、瀬尾准教授は翌4月26日に「確かに多くの方たちの心を傷つけるような記述があり、深く反省しております」とする「お詫び」をブログに掲載したが、その後、学長に口頭で注意されたとする報道に対し、「注意をうけた事実もない」と反論。
  「書き方は悪かったと反省しておりますが、私は幼児を0.5と数えたわけではありません」
とも釈明した。「証拠」としてブログの「コピー」を示したが、その部分が書き換えられていたため、「反省してない」としてネットユーザーのあいだで騒動がさらに拡大した。
 こうしたこともあってか、青山学院大学広報課によれば2008年4月28日現在でも「電話がひっきりなしで、かなりの数の抗議が来ている」という。
4月28日17時35分配信 J-CASTニュースより引用

過日の日記記事との関連ニュースです。
”本分をキチンと全うしていれば、性格・人間性はあまり問わない””個人の場(web日記・ブログ)で何を書いても管理人の自由。内容が厭ならスルー基本”という己ですが。
この暴言の数々は目に余るものがありました。
暴言の酷さもさながら、問題化の後 ブログ改編で”自分は悪くありません、読み手の読解力の問題”と責任逃れ、姑息な書換で暴言を無かった事にする……自分の言動1つ責任を取ろうとしない人が、”准教授”と学生に講義する職に就いて好いものだろうか?と。
有識者見解では、”個人のブログは個人の問題。勤務先の大学まで抗議は筋違い”との事ですが、将来 大学生の保護者になるかもしれない己立場としては、
人間性に著しく問題がある人を、教職の立場に置いて欲しくない。
ってのが本音。
大学へ抗議内容は、ブログをナントカしてくれ ではなく、こういう発言をする人を教壇に置かないでくれ だし。
”自分にとって厭”って事象を挙げ連ねて”自分はこういうのはキライ”ではなく、”自分の主張は正しい。それ以外はゴミ。皆 こうすべき”ってスタンスで、ブログで個人名指しの誹謗中傷を書付けていれば、”人間性に問題アリ”と見做されても妥当でしょう。
詳しい事は纏めサイトに載っています。
件の准教授発言全て=絶対的に駄目 と憶測で決め付けではなく、裏付ソースやweb魚拓から根拠を採って冷静に問題に取り組んでいるサイトです。
| 23:15 | 時節 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| 23:15 | - | - | - |
Comment
Write?









Trackback
url: http://hentikurin.jugem.jp/trackback/3209
青学大 美人准教授、ブログ大炎上!
瀬尾氏はほかのブログでも、北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんについて「信じられないくらい幸福。こんな限りない日常が終わりになるなら是非拉致されたい」(06年12月)などと
| 話題のニュース・エンタメ情報 | 2008/04/30 9:06 PM |