日々是雑文

中国歴史・水滸語り〜日々の徒然まで自分ペースで書散らし場。
「日本国を損なう某」にお引取り願う呟きも在ったりします。
コメントには大喜びで反応します。遅くなってもレスは付ける原則です。
スパム対策の為、コメントに一寸お手間お掛けしています<(_ _)>
管理人主観で「場違い」と感じたコメントは、サクッと削除で参ります。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 犬猫禁止 | main | きしめん >>

真っ当且つ解り易い

JUGEMテーマ:日本の危機を救え
雑誌記事内で、外国人参政権付与へのリスク・問題点を的確に指摘したものを発見。
東京都杉並区区長さんが御自身の体験を下に、どこがどう拙いのか判り易く説明されている。
拝読してみて、民潭の御行儀の悪さに退いたです;
民主党サンがどうしても参政権を検討したければ、外国人参政権を採った国がどんな問題を抱え込んだかリスクを明らかにし、それを踏まえても日本に有益な事なのか と全国民に問うべきですよな。
いや、諸外国での問題等を見れば、外国人参政権は「百害あって一利ナシ」と判るけども。
コリアにだけ積極的に話して肝心の日本国民へは何も言わない では、
この法案を推し進める議員サン方々は一体ドコの国の方か?
と訊きたくなるです、はい。

 1月11日、政府・民主党首脳会議の場で、永住外国人に地方参政権を付与する法案をこの通常国会に提出するという方針が決定された。
 報道によれば、この会議の場で民主党の小沢一郎幹事長が
「日韓関係を考えると政府がやるべきだ」
と主張し、この法案は議員提出ではなく政府提出法案として準備が進められることになったという。
(中略)
 有権者のなかには、今回の問題を聞いて、
「地方参政権ぐらいなら永住外国人に与えてもいいのではないか」
と考えている人も多いようである。
 だが、これはそう簡単な問題ではない。
 11年間、杉並区長を務めてきた体験も踏まえてそれについて指摘したのちに、あらためてこの問題の本質について論じていきたいと思う。
 まず、私自身が経験したことをお話ししたいと思う。
 2005年、杉並区が扶桑社の歴史教科書を採択したときのことである。
 いずれの国であれ、自国の国民の子弟の教育内容は、その国の国民が責任をもって決めるのが当然である。
 どの教科書を選ぶかも国民の重要なテーマで、小中学校の場合、それは市町村の教育委員会の権限になっている。
 その権限に基づいて、杉並区の教育委員会が扶桑社の歴史教科書を採択するのではないかとマスコミで報じられるや、全国の民団(在日本大韓民国民団)から抗議の手紙が殺到した。
(中略)
 そればかりではなく、杉並区議会でこの教科書採択のことが質問に上ると、民団の関係者と思しき人びとが大挙して傍聴に訪れて傍聴席に陣取り、大きな声で野次を続けた。
 議会の傍聴席でそのような行為は禁じられており、議長も注意をするのだが、どんなに注意されようとも意に介さない。
 さらに、区長室の前にも多人数で押し掛け、シュプレヒコールを繰り返したのであった。
 もし、外国人参政権が付与されていたらどうなっただろうか。
 外国人が区長や区議会議員に対する選挙権をもつようになり、そのうえであのような激しい抗議活動が行なわれたとすれば、与野党を問わず、彼らの顔色を窺おうとする議員が出てきただろう。
 また、たとえばルール違反の抗議活動を排除しようとした場合、これまでならば、
「日本人が責任をもつべき教育の内容について、このような干渉をするのは失礼ではないですか」
と主張することもできたが、外国人参政権が認められていれば
「同じ有権者なのに、われわれを日本人と差別するのか」
という話にもなりかねない。
(中略)
 このように多くの問題を含む外国人参政権について、民主党は昨年の総選挙マニフェストでいっさい触れなかった。
(中略)
 さらに問題なのは小沢一郎幹事長が、日本国内で公式にこの問題を問うより先に、韓国でこの法案を次の通常国会で提出すると「公約」したことである。
 『産経新聞』(1月13日付)は、
「小沢氏は政権交代直後、李大統領の実兄でハンナラ党国会議員の李相得氏に『何とかしなければならない。通常国会で目鼻を付けたい』と言明。
(中略)
 彼らがマニフェストに高々と掲げ、日本国民に問うという手続きを踏んだうえで外国人参政権の問題を進めるなら、まだ話はわかる。
 だがその部分を隠し、外国人にだけ約束するのでは、まるで民主主義の体を成していない。
 マニフェストにないからこの問題には取り組まないと思って投票した人は、民主党に騙されたも同じである。
 民主党政権には、自分たちがどこの国の政権かという認識が欠如しているともいえるだろう。
「友愛」を看板にした無国籍政権、さらにいえばまったくの媚中・媚韓政権である。
 中国、韓国に対して「対等」ではなく、「卑屈さ」ばかりが際立つが、このような「卑屈」な国家関係ができあがれば、いずれ必ず争いが起こる。
『外国人参政権が国民生活を壊す/山田 宏(杉並区長)』2月12日(金) 17時48分配信 / 国内 - 政治 Voiceより引用

詳しくは此方でどうぞ。
鎮護 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hentikurin.jugem.jp/trackback/3866
この記事に対するトラックバック