日々是雑文

中国歴史・水滸語り〜日々の徒然まで自分ペースで書散らし場。
「日本国を損なう某」にお引取り願う呟きも在ったりします。
コメントには大喜びで反応します。遅くなってもレスは付ける原則です。
スパム対策の為、コメントに一寸お手間お掛けしています<(_ _)>
管理人主観で「場違い」と感じたコメントは、サクッと削除で参ります。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 拙宅の事情 | main | 疲労回復〜 >>

在り方

JUGEMテーマ:日記・一般
本日、合気道の全国大会にて。
武道館まで行って来ますた。
大会は言っても、試合ではなく演武発表会。
その帰路、師範と武芸談義で盛り上がってみたり。
(以下、その手の内容が続くデス)
格好や動作だけ覚えて、それを演武すればOKって道場も在るみたいだけど。
そのタイプの道場方と組むと、
「グッと掴まないで、そっと掴んで」
とか、
「力入れないで、そうっと投げて」
と言われたりする。。。^^;

折角、武道を習うなら、キッチリ稽古したが好いと思うのだよ。
相手に掴まれたor襲い掛かられた際の解き方・逃げ方・制圧の仕方、ってコトで<合気道的技
振りだけ・お約束に基づいた動きのみしていたんじゃ、技は学べない。
暴漢は、そっと掴んじゃくれないし(苦笑)
護身術として頼みには出来ないけど。
<理由は此方のサイトさんをどぞ
「知ってる・幾らか身についている」のと、
「何も知らない」では、
「違う」と思うのだ。
全力で稽古してこそ、一寸ずつ身に付くんだし、なぁ。
怪我させない様に工夫は要るけど、過剰な手加減は無しで。
この方がずっと好いな。
軍略・武芸語り | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hentikurin.jugem.jp/trackback/4390
この記事に対するトラックバック