日々是雑文

中国歴史・水滸語り〜日々の徒然まで自分ペースで書散らし場。
「日本国を損なう某」にお引取り願う呟きも在ったりします。
コメントには大喜びで反応します。遅くなってもレスは付ける原則です。
スパム対策の為、コメントに一寸お手間お掛けしています<(_ _)>
管理人主観で「場違い」と感じたコメントは、サクッと削除で参ります。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 誕生数秘学 | main | 差異 >>

外国故に

JUGEMテーマ:日記・一般
悲劇の王妃として知られているマリー・アントワネット
彼女が処刑されたのは、
贅沢三昧で国を傾けたから
と通説にあるけれど。
実際、彼女の使込みで国庫が空に、なんてコトは無く。
処刑理由は「外敵通牒」が真相らしい。
「フランス王妃で在りながら革命を認めず、革命を潰そうとオーストリアと通じた
これが処刑の原因となった、とな。
彼女としては、
フランス王室存続を願って故郷を頼っただけ
なんだろうが。
フランスとしては「外国へ通じた」のが、もう駄目。
通じた先が故国だろうが、王室存続を願っただけだろうが、
「他国に通じた」には変わりない、危険過ぎる……と。
彼女がオーストリア出身ではなく、生粋のフランス人だったら?
そうしたら、頼る先は国内・フランス国内だけの問題で済んだかも??
もしも、そうだったら。
フランス革命の方向性も、一寸は違ったかもしれんね。

歴史・水滸 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hentikurin.jugem.jp/trackback/4454
この記事に対するトラックバック