<< 花王バーゲン | main | 実は自虐 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
上段蹴は難しいの
JUGEMテーマ:日本の危機を救え

↓は、『アメリカ人が韓国人の剣道の嘘にブチ切れ』動画。
「日本の武道はコリア起源だ、日本が嘘を吐いてる」
という、コリアン定説を叩き斬って居るです。

>テコンドーは馬上の敵対応(※コリアンの主張)
う〜ん、、、騎馬兵を蹴り落とす為と、そう言いたいのかな?
騎兵相手に蹴りで、となれば。
上段蹴りしか有り得ん訳で、、、中下段じゃゼッタイに届かんし。
カンフー映画アクション仕様での「上段蹴り」百発百中なら、騎兵もすっ飛ぶかもしれんけど。
実際、拳法上段蹴りは大変メンドクサイもので。
足を高く上げる分 体勢不安定に為り易く、下段・中段に比べたら隙も大きい。
使い勝手の悪い技で、対騎兵仕様?
防具を付けていたら、蹴りなんぞ大して利かない。
馬上から斬り下げられたら、1発終了〜と思うのだけど。
どの位置から「騎兵を蹴る」かはワカランが。
疾走して来る騎馬へ蹴りを放ったら、
弾き飛ばされて全身打撲or馬に踏み殺されるor騎兵に斬られる
この↑どれかじゃないか??
動画の方も仰っていたが、技が通じないドコロか良くて重傷と思うよ;
それ以前に。
ナンボ上段蹴りでも馬上の相手へ脚が届くのか?
……ソコが疑問ですな;
飛び蹴りなら可能?
いやいや、実戦で飛び蹴りなんて、上段蹴り以上の博打技。
テコンドーは対騎兵仕様 とは、やっぱり「違う」んじゃないかなぁ?
人類発祥以前からテコンドーが在った主張も、「違う」と思うけど、な^^;
白石晴海 | 軍略・武芸語り | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Truck back URL of This Entry
http://hentikurin.jugem.jp/trackback/4465
Trackback