日々是雑文

中国歴史・水滸語り〜日々の徒然まで自分ペースで書散らし場。
「日本国を損なう某」にお引取り願う呟きも在ったりします。
コメントには大喜びで反応します。遅くなってもレスは付ける原則です。
スパム対策の為、コメントに一寸お手間お掛けしています<(_ _)>
管理人主観で「場違い」と感じたコメントは、サクッと削除で参ります。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 偏見と誤用 | main | 問題の在り処 >>

月刊水滸伝v

JUGEMテーマ:日記・一般
以前、水滸ファン宅取材オファーを頂きまして。
いやいや、水滸ファンと言えば高名な方々が居られるだろうに;
水滸ファン暦だけ無駄に長い;ぺーぺーの己は 出る幕じゃない;;
北京語サッパリ?で、北宋や水滸についても一々調べないと判らんコトだらけという、、、;
なんぞと戸惑ったものの。
水滸ジャンルが賑わうのなら、それも好し と、思い切って取材了承す。
過日、取材Pが出来た と御連絡を頂きました。
武松のどの辺りが好きか?」
の問いに際し、婦女子は殺さないから と答えた覚えは無いのだが……(._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)?
鴛鴦楼では小間使いも容赦なく斬ってるしな;
「(鉄牛よろしく)誰彼構わず殺す訳ではない、(それが正義かは別として)彼なりの理由はある」
風味なコトは言ったかもしれない……解釈仕方によっては「婦女子は手に掛けない」になるかも??

まぁ、イイか……(^▽^;)
これを機に、水滸ジャンルが賑やかになると良いなぁ^^
歴史・水滸 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hentikurin.jugem.jp/trackback/5088
この記事に対するトラックバック