日々是雑文

中国歴史・水滸語り〜日々の徒然まで自分ペースで書散らし場。
「日本国を損なう某」にお引取り願う呟きも在ったりします。
コメントには大喜びで反応します。遅くなってもレスは付ける原則です。
スパム対策の為、コメントに一寸お手間お掛けしています<(_ _)>
管理人主観で「場違い」と感じたコメントは、サクッと削除で参ります。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 温度差 | main | 大正浪漫 >>

感想今昔

JUGEMテーマ:日記・一般

昔々、他所様宅で《講談社KCmimi》里中満智子あすなろ坂2 【中古】afbを読んだ事があり。
中学生だった己は、大河ドラマ仕立ての長編ストーリー・はいからさんで御馴染の大正時代もありで、この作品お気に入りになりんした。
で。
それから15年以上経って、人の親になってから読み返して。
この作品、大嫌いになって即行で売ってしまいました……。
※以下、キライな理由がズラズラ続くので、ンなモン苦手;って方は回れ右推奨。



ストーリーは「あすなろ坂 ストーリーを教えてもらうスレ」を参考に見て頂くとして。
このストーリーの何が厭かって、、、
主人公達の「一個人の愛が全て!」が、もう堪えられないデス。
芙美は、未だ若気の至り感があったし、後々は夫を大切に想うから良いものの。
新吾は、所帯を構えた後も芙美一筋。
大震災の時も自分の家庭はそっちのけで、(としか思えん;)芙美を逃がして落命。
偶々、芙美と一緒に居たから……というシチュエーションで、家族までは手が回らんかった。
にしても……新吾妻子の空気感たるや、余りにも酷い。
芙美→永遠に最愛の人 妻子→寂しさを埋める為の間に合わせ
新吾、、、寂しさの余り仕方なく結婚したらしいが、伴侶や子供達への思い遣りが感じられん。
男の子は奥さん任せの名付けで、唯一人の女の子には「ふみ」と名付ける下りなんぞ、ゾッとする。
名付けの動機が「尊敬している相手」ならまだしも、「初恋〜現在進行形で想い続けている相手」の名に因みとは;
自分が長女の立場で名前由来を知ったら、、、汚らわしいの一言だろうなぁ。
、、、これじゃ、妻子は立つ瀬が無いデスじゃ;
忍は、一途な良い娘と思ってたけど。
夫は海外逃亡しないと危ない身、というのに。
身重の忍が後を追ってどうする!夫と心中する気デスカ!?
そして、忍の無鉄砲を後押しする詩絵達も、どうかしている!としか思えん;
「女には女の愛し方があるのよ」って……。何で誰一人止めようとしないのか?
まして芙美は妊娠出産経験者、妊産婦の急変リスクは考えんのか?
妊婦が無理矢理同行で逃げ足が遅くなる、その所為で、夫婦揃って逮捕or射殺されるリスクは考えないのか??
逃避行に妊産婦同行していたら、どーしても目立つ・隠れ難くなるとか判らないの???
「愛してるから一緒に居ます」以上。を貫き通し、
妻子を生延びさせようとした秋月サンの気持ちも踏み躙って、一緒に命を落として行く忍。
「みどりをお願いね」と、乳児は他者に託して逃がしたわよ配慮をしたかったらしいが。
厳冬の満州で。
託した相手が生活能力の無い孤児じゃあ、どうしようもないではないか;
夫と死別を乗り越え歯を食いしばって子供を育てるより、女で在る事を選んだ忍サン。
自分の想いだけが全てで突っ走るアナタ、母としては最低です。
妻としても……夫の支えではなく、足手纏い感が拭えぬ。
忍が日本で待つ選択をしたら、秋月サンも無事にロシアへ逃亡出来ていただろうに。
「自分が一緒に居た為に逃げ遅れた」なんて、己がその立場なら死んでも死にきれんよ。
「あすなろ坂」内の優先順位って、
家族愛・労わりよりも、、、一個人の情愛が最優先なんだな。
所帯持った男が昔からの女を想い尽くし続けても、至上の愛。
乳児抱えた母が、乳児を放って斬り込ん死んでも、真心の愛。
彼等の「愛」という錦の御旗の下、置き去りにされた家族の立場は〜;
いやはや、家族持ちの目線で見ると堪らんですわい。
と、まぁ滅多切りにはしたものの。
「愛が全て」が好きな方には向いている大作とは思うよ?
呟き | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック