<< 大事件な感が | main | この辺は積雪40センチ超え >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
…無念なれど
腰椎を痛めても尚、挑戦し続けたアスリートが遂に、、、
男子団体戦を見逃してしまい、
プルシェンコの演技見損ねた;
とガックリしとったが、
でも個人戦を観れば良いか、と考えておったのだが。
……「次」は無期延期なんか?
棄権も引退も非常に残念。
だけど、ニンゲン引き際が肝心でもあり。
んで、彼に比べたら軽症だども。
腰椎々間板症持ちの己は、腰痛で動く事のしんどさが一寸は判る、、、
これよりも辛い中、よく団体戦参加し好演されたと感心する。

「この状態では演技至難なので棄権」
の判断をした彼は、やはり超1流なのだと思う。
バンクーバーで語ってくれた真央ちゃんへの支援、今も覚えているです。
また会う時までお大事にして下さい……!>プルシェンコ選手
白石晴海 | 時節 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Truck back URL of This Entry
http://hentikurin.jugem.jp/trackback/5256
Trackback